遮熱と断熱は違う?ついて知りたいならガイナ塗装のガイナセレクト

ガイナTOP > 注目の塗料「ガイナ」 >遮熱と断熱は違う?

遮熱と断熱は違う?

「ガイナを塗装すると、遮熱効果・断熱効果により夏涼しくすることができ、断熱効果により冬は暖かい住空間が実現されます」。例えばこのように「遮熱」や「断熱」という言葉は使い分けられます。

ここでは、ガイナで最も分かりにくいとされる、「遮熱と断熱の違い」についてご説明いたします。

遮熱と断熱の違い(簡潔な説明)

遮熱と断熱の違い

遮熱は太陽光をはね返すことです。そのため、遮熱効果だけですと、冬場も太陽光をはねかえしてしまいます。せっかくの太陽光を取り込めず、冬場は反って室内は寒くなってしまうはずです。

しかし、ガイナには断熱効果もございます。ガイナを住宅内外に塗装すると、その膜の内外の熱移動がシャットアウトされます。塗装された住宅は、ガイナ塗膜にすっぽりと覆われ、魔法瓶のような状態になるのです。これが断熱効果です。

遮熱と断熱の違い(詳しい説明)

遮熱はガイナ塗膜が太陽光線を「反射」することによる作用です。断熱はガイナの塗膜組成の大半を占める真空ビーズによる、「熱移動の遮断」による効果です。


遮熱効果とは?

遮熱効果とは、太陽光を「反射」させることです。

一般的なコロニアル屋根(平べたい、黒色の屋根)を思い浮かべてください。あの屋根の表面温度は、夏場にはどれくらいの高温になるかご存知ですか?実は、約80℃にもなるといわれております。この高温の屋根に、遮熱効果のあるガイナを塗装すれば、熱を効率的に反射。太陽光により、外壁・屋根が熱せられるのを防ぎ、夏涼しい住環境を実現することができます。

この遮熱効果は、夏場だけ活躍する効果です。


断熱効果とは?

その遮熱効果に対し、断熱効果とは、太陽光を反射させるのではなく、住宅内外の「熱移動を遮断」することです。つまり住宅にガイナを塗装すると、住宅はその膜で囲まれた魔法瓶のようになります。この住宅内外の熱移動をシャットアウトするという効果が断熱効果です。

ガイナのメインの成分は、中空のセラミックビーズです。これにより、夏場には外の熱が室内に入りにくくなり、涼しい室内環境が実現いたします。また、冬場には暖房で暖めた室内の空気の熱が外へと逃げにくくなり、暖かい室内環境が実現するのです。

冬場、せっかく暖房で室内を暖めても、熱が外に逃げてしまったら仕方がありません。そこで、断熱効果のあるガイナで外壁・屋根を塗装しておけば、内部の熱が外に逃げるのをブロック。冬暖かい住環境が実現するのです。

夏場は、冷房による冷気が外に逃げてしまうことを断熱効果によりシャットアウトできます。このように、断熱効果の方は、夏場だけ活躍する遮熱効果とは異なり、1年を通じて大活躍するのです。

この遮熱と断熱の違いは非常に分かりにくいため、以上のご説明でも不足かもしれません。ご不明な方は、丁寧にご説明いたしますので、当社まで遠慮なくご相談ください。



< < ガイナが注目される理由
ガイナの効果を知ろう! > >

地球温暖化防止設備(塗装)助成制度

「安心・信頼の実績」ガイナ塗装事例紹介

ガイナの色彩選択のコツ

「安心・信頼の実績」ガイナ塗装実例紹介

ガイナの基本を学びたい

ガイナの効果が5分でわかる!メカニズム紹介動画

ガイナと太陽光発電

サーモグラフィで見るガイナの効果

教えて!ガイナ博士

法人のお客様はこちら

HOME ▲ ページ上部に戻る

注目の塗料「ガイナ」

ガイナの効果

ガイナの色を選ぼう!

ガイナ塗装はいくら?

ガイナセレクトとは?