現場調査/何をしに来るの? ガイナ塗装のガイナセレクト

ガイナTOP > ガイナの価格・費用 > 現場調査/何をしに来るの?

現場調査/何をしに来るの?

現場調査のイメージを掴んでいただくため、また現場調査が必要な理由についてご説明するために、このページは設けました。

1.正確な仕様を組むために伺います

正確な仕様を組むために、現場調査は常に真剣です。通常は30分~1時間ほどの調査となりますが、ご協力お願いいたします。また、過去のリフォームの経緯や、雨漏れなど問題は生じたことがないか等、状況に応じてお話することができれば、現場調査は有意義なものとなります。そのため、なるべくならば、お立会いいただけますようお願いいたします。

交換する観音扉の扉/mm単位で測る
通常の足場がかかる隙間であるか
図面がないお宅/まず立面図を書き起こす
図面がないお宅/まず立面図を書き起こす
磁石は現場調査の必需品
磁石は現場調査の必需品
防水の押さえモルタルの劣化具合に厳しい顔
防水の押さえモルタルの劣化具合に厳しい顔

現場調査により、正確な仕様(※)を組むことができます。素材に応じ、劣化具合に応じ、必要な工事や材料は異なってまいりますので、しっかりとした現場調査をすることが大切となります。

また、度重なる訪問になってしまうと、お客さまを煩わせてしまいます。なるべくならば1度の調査で済むようにと、抜けのない調査を心がけます。

「素材・劣化具合の把握」のみならず、「現状の色彩の確認」「交換が必要な箇所の計測」「足場設置が可能かの判断」など、調査項目は多岐にわたります。

※ 仕様とは、スペックのこと。
 どのような工事がなされているか、またはどのような内容の工事をするかということ。

正確な面積計算をするために伺います。

現場調査の第二の目的は、正確な面積計算のためです。外壁・屋根等の面積は図面から拾えるのですが、図面に書かれていないことの多い、樋・鉄部・木部などの長さ・平米数などを、現地にて実測いたします。

ここで、正確な面積計算が必要な理由は、材料を何缶利用するかを計算するためです。例えば、ガイナは1缶で35平米を塗ることができます。面積計算の結果、170平米ならばガイナは5缶必要となります。

特にガイナは塗布量を守ることで効果が出るものですので、大ざっぱな現場調査をする塗装業者は少々心配です。面積はきっちりと測ってもらい、規定量のガイナを塗布してもらうことが、ガイナの効果をきちんと出すためにも大切です。

< < ガイナ塗装の金額・相場
現場調査の前に > >


▲ ページ上部へ戻る

地球温暖化防止設備(塗装)助成制度

「安心・信頼の実績」ガイナ塗装事例紹介

ガイナの色彩選択のコツ

「安心・信頼の実績」ガイナ塗装実例紹介

ガイナの基本を学びたい

ガイナの効果が5分でわかる!メカニズム紹介動画

ガイナと太陽光発電

サーモグラフィで見るガイナの効果

教えて!ガイナ博士

法人のお客様はこちら

HOME ▲ ページ上部に戻る

注目の塗料「ガイナ」

ガイナの効果

ガイナの色を選ぼう!

ガイナ塗装はいくら?

ガイナセレクトとは?